フラット35の審査基準は厳しくなっている?

長期固定金利の住宅ローンのフラット35で今人気を集めているのがフラット35です。
住宅ローンを組もうとおもって勉強していた方なら1度は聞いたことがある名前だと思います。
フラット35の最大のメリットは、35年間金利が変わらないという事。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンのフラット35です。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査となります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですとフラット35の審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35ならフラット35の審査が通った。
という方も多いです。
住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには住宅ローンのフラット35を組まないといけません。
住宅ローンのフラット35は信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
自分の家を買うとき、だれでも最初に考える事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。
多くの方は、銀行などから住宅ローンを借りると思います。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払をする期間はとても長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
この団信保険は、申請者に何かあった場合借金が0円になる。
という残された家族にもメリットがある保険です。
将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。
借入れをする目的が家を購入するためのものなので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。
ですので、購入したい物件がいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。
仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。
既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。
住宅ローンを申し込んだらフラット35の審査が待っています。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
フラット35の審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果がわかるまでには一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通れば、契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。

http://www.flat35exam.com/